ルプラックでむくみを解消!カラダの変化について

カラダがむくんでいると、見た目もパンパンに不健康に見えるだけでなく、カラダ全体もだるく重く感じさせてしまいます。また、むくみは病気のサインといわれることも多く、肝硬変や甲状腺疾患などが疑われるケースも。

ルプラックは、そんな「むくみ」を解消し、カラダを軽く整えていきます。
ココからは、むくみを解消すると起こる、嬉しいカラダの変化について見ていきましょう。

ルプラックを服用する前に!「むくみ」とは

むくみとは
そもそも「むくみ」とは、カラダの余分な水分が皮膚の下に溜まっている状態をいいます。

人は体内に約60%の水分を保持しています。しかし、なんらかの原因で代謝がうまくいかず血管中の水分が外へとしみ出すことで、水分が異常に溜まる状態をむくみと呼んでいます。

カラダがむくむと、こんな悪影響を感じるという方が多いようです。

1、下半身が太ってみえる
2、手足が冷える
3、夕方、靴がきつい
4、顔が膨れる、二重あご
5、下痢や便秘
6、二の腕のたるみ

 
一口にむくみといっても、どこに症状が現れるかはヒトそれぞれ。
共通して言えることは、違和感があり不調を感じるということ。
むくみの原因を理解し、健康的なカラダを手に入れましょう。

むくみをチェック!

むくみはセルフチェックできます。
簡単にチェックできる項目をまとめてみました。

【基本的なむくみをチェック】
・シャワーで済ませることが多い
・デスクワークや立ち仕事など、長時間同じ姿勢でいることが多い
・冷たい食べものや飲み物が好き
・締め付けが強い下着を身につけている
・週3日以上飲酒をする
・肩こりが酷い
・いつも疲れを感じている

【顔のむくみチェック】
・顔全体が張っている
・まぶたが腫れぼったく重い
・目尻の上のまぶたがブヨブヨもしくはゴリゴリしている
・フェイスラインがハッキリしていない

【足のむくみチェック】
・足首にくびれがない
・スネの内側を押しても元に戻らない
・夕方になると靴がキツく感じる
・靴下の跡がいつまでも残っている

1つでも該当している場合、むくんでいる可能性が高いです。

むくみは病気のサインでもある!?

むくみとは、病気のサインであるケースも多く、その場合以下の病気が考えられます。

・心不全
・腎不全
・下肢静脈瘤
・深部静脈血栓症
・子宮筋腫
・栄養失調
・ネフローゼ症候群
・肝硬変

 
どれも、血管内の水分量や血圧、血管の透過性やリンパ管への影響がある病気です。
むくみが長期間続くようなら早めに病院で診断してもらいましょう。

ルプラック服用前に!セルフ予防

むくみがヒドくなると、ついついお薬で治療しがち。
しかし、ルプラックを含め利尿薬には併用禁止のお薬や副作用など、注意点もたくさんあります。お薬はあくまでも最終手段。日頃から予防を心がけ、むくみを改善していきましょう。

【むくみ予防】
適度な運動をこころがける
下半身に筋肉がつくと、むくみにくい体質になります。
日頃からウォーキングやランニングなど適度な運動を習慣化させましょう。
また、ストレッチも効果的でカラダ全体の血流をよくし、むくみの解消にも繋がります。

塩分を控える
過剰な塩分の摂取はそれだけでむくみと直結します。
むくみだけでなく、さまざまな病気の原因とのなるため、外食やコンビニ弁当が多いという方はとくに気をつけていきましょう。

アルコールを控える
アルコールを飲むと、喉がかわき水分を多く摂取しがちに。過剰な摂取は肝機能にも悪影響が及ぶため、飲酒習慣があるという方は量や頻度に気をつけ、適切をこころがけましょう。

むくみを解消!カラダに起こる変化とは

カラダがむくむと美容&健康面ともに良いことはありません。

早めにむくみ解消することで、見た目にもスッキリと健康的に見えるばかりか、血流の流れもよくカラダも軽く感じます。

日頃からむくみを予防し、カラダを健やかに整えましょう。